2014年12月17日

バイナリーオプションってどうなの?

バイナリーオプションはどれくらい儲けられる?または損する可能性がある?

20140517b実際、どのくらい儲かるものなの?稼げるものなの? 元手がどのくらい必要なの?倍率は?など、現実的に勝率がどのくらいだとどのくらい儲かるのか?を一緒にシミュレーションしていきましょう。

※最近某掲示板まとめサイトなどで、初心者が1ヶ月で400万円の利益が出たとか、ホームレス生活していた人がマンション購入でウハウハ!など過激な広告があるようですが、現実的ではありません。

まず、バイナリーオプションはギャンブルと性質が似て非なるという点を念頭に入れておきましょう。

ギャンブルは大ざっぱに言えば、外れ・外れ・外れ・・・と何回も続き、1回当たれば大当たり!逆転大儲け! そしてまたそのお金をまた投資して、外れ・外れ・・また当たればさらに大儲け! でもいつまで経っても当たりが来なくて・・・気づいたらすっからかんという事も? というようなものですよね。 確率は低いが当たればでかい。 

バイナリーオプションも掛け金を工夫する事でギャンブル性を持たせる事も出来ますが、基本的には当たったり外れたり・・を繰り返し、7割前後の勝率で資金を増やしていくのが正しい方法だと私は思います。

逆に初心者でも下手でも回数を重ねれば勝率が4割以下になる事はあんまりないんじゃないかなーと思います。 徐々に5割に近づいていくはずです。 5割では負けなのがバイナリーオプションで、予測する事で勝率をいかに上げるか?がバイナリーオプションなのです。

※追記:ポーカーとか半丁博打はこれに近いですね。失礼しました。何が言いたいかというと「運が良ければ少額でも大金を稼げる」といったものでは決してないという事です。


→BINARY60はコチラ

バイナリーオプション今月の1位com

バイナリー60
こんな方にオススメ 初心者 中・上級者 高収益 少額投資
バイナリー60人気の60セカンズに特化した海外バイナリー業者です。入金額も1万円からと60セカンズやバイナリーに慣れてない人も利用しやすい設定です。
ペイアウト倍率が高ければ高いほど確率上投資家の損失は少なくなります。「バイナリー60」は業界一安定したペイアウト率を誇ります。


>>サイトを見てみる



今月の人気ナンバー1は海外のバイナリーオプションサイトの「バイナリー60」

■口座開設無料。(フリーメールでの登録可能。)
■最短60秒短期決済。
■24時間日本語対応オペレーター。
業界1、ローリスクハイリターンと言われるの所以は、500円から取引できる設定金額の低さと、ペイアウトが最大1.99倍にもなる報酬の高さからです。
常に1.99倍ではありませんが、ハイロー型では常時1.76倍~1.80倍、短期取引でも1.72~1.75倍と普段でも非常に高いペイアウト倍率で、高い利益率を見込んで投資することができます。
スマホやタブレットにも対応していて、タッチスクリーンで直感的な取引が可能で、外出中でもいつでも取引のチャンスを逃すことがありません。


>>「バイナリー60」のサイトを見てみる

2014年09月12日

バイナリーオプションとは?相場を当てるということは?

簡単に言えば、トランプの「ハイ&ロー」


バイナリーオプションは、初心者でも始めやすい外国通貨取引の1種です。
「外国通貨取引」なんていう言葉が出てくると難しく感じてしまうと思いますが、
実際には非常に簡単で手軽にできる、今人気の投資方法です。

ダウンロード (1).jpg

みなさんは、トランプの「ハイ&ロー」という遊びはご存知ですか?
例えば場に「5」のトランプが出ていて、次にめくるトランプが
「5」より大きいか小さいかを当てる、単純なゲームです。

バイナリーオプションを簡単に理解するには、このトランプが
「通貨」に変わっただけ、と考えていただければまずはOKです。

例えば現在の相場が、1ドル100円だとします。
10分後の相場が100円より上がるか下がるかを当てるのがバイナリーオプションです。

もちろん、実際にはもう少し細かい知識が必要になってきますが、
根本的な原理は本当にこれだけです。とってもわかりやすいですよね。

株やFXは難しくてよくわからない、という方でも、
バイナリーオプションなら抵抗なく始められるのではないでしょうか?

お金の価値と相場の予想とは?


トランプの「ハイ&ロー」は、次にめくるトランプの数字の大小を当てるゲームです。
バイナリーオプションでは、この「次にめくるトランプの数字」が「相場」ということになります。

相場とは、ここではいったん「お金の価値」と考えてください。

『お金の価値って?100円はいつだって100円じゃないの?』

日本国内だけを基準に考えるとそんな風に思うかもしれませんが、
バイナリーオプションで重要となる「外国のお金」が絡んでくると、話は変わってきます。

物と同じでお金の価値も変動する


例えば天候不順が続くと野菜の値段が上がる、といったように、
様々な理由を元にお金の価値は常に変動しています。

去年は100円で買えた野菜が、今年は120円じゃないと買えない、というのと同じように、
去年は100円で買えた1ドルが、今年は120円じゃないと買えない、ということがおこります。

この、1ドル=100円とか、1ドル=120円という値段が「相場」と言われるものです。
今の例では1年間で1ドルの価値が20円変わっていましたが、
実際には秒単位で1ドル=○○円という値段は変動しています。

chart.png

先ほど、相場=お金の価値と説明しましたが、
正確には外国の通貨と比べた時の価値、ということになります。

「相場の変動を当てる」ことがバイナリーオプション


1ドル=○○円という値段のことを「相場」と言い、この相場は常に変動している。

つまり、この相場の変動を当てるのがバイナリーオプション!

常に変動している「相場」。これが現時点と比べて「上がる」か「下がる」かを
シンプルに二択で当てるのがバイナリーオプションということになります。

先ほど例として出した、

>例えば現在の相場が、1ドル100円だとします。
>10分後の相場が100円より上がるか下がるかを当てるのがバイナリーオプションです。

この文章の意味が、先ほどよりも少しわかっていただけたのではないかと思います。
実際には、「上がる」「下がる」ではなく「円高」「円安」といった表現となります。

1ドル=100円を基準として、例えば
1ドル=90円になった⇒円高
1ドル=110円になった⇒円安
となります。

円の数字が小さくなっているのに円高?と混乱するかもしれませんが、
これは数字の大小ではなく「円の価値が上がった」ので円高と表現します。

1ドルのジュースを買う時に、昨日までは100円払わなければいけなかったけれど、
今日は相場が変わって90円で買えるようになった。

これは、円の価値が上がったから、少ない円で同じジュースが買えたというわけです。
つまり、1ドル=100円→1ドル=90円に相場が変動した場合は「円高」と表現します。



【PR】
60秒で出来る簡単な取引で現在大人気沸騰中
↓↓↓

いま話題のバイナリーオプションならココがお奨め
バイナリーオプション「バイナリー60」

2chでも話題→【速報】いきなり月収300万超くらいになったんだが使い道なくてワロタwwww
posted by kobakazzoo at 21:35| Comment(0) | バイナリーオプションとは | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。